2017-03

大晦日

2014年も残すところ、2時間をきってしまいました。

時間というものはずっと続いていくものだけど、
年の変わり目というのは、やはり改まった気持ちになりますね。

今年もいろいろな事がありました。

無事、静かに今年の大晦日を迎えられた事、
感謝の気持ちでいっぱいです。


来年が皆様にとっても、私にとっても、
実り多い、良い年になりますように。

世界が平和でありますように。


来年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

ミモザ

昨日、今日と、風が強かったけれど、
せっかく開いた桜の花びらを散らすほどではなかったようで、
安心しました。

できるだけ長く咲いて、
より多くの人が、桜の花を見られますように!


写真は、近くで見つけたミモザの木です。

RIMG4812s.jpg


遠くから見て、「あれ?ミモザ?珍しいな。」と、
ずっと思っていたのですが、

目が悪いので、近くで確認しないと、ミモザか断定できませんでした。。

カメラをズームにして、花とはっぱを確認して、
「あ~、やっぱりミモザで良かったんだ。」と、撮影しました。


日も長くなってきました。

季節が変わる事に気持ちがついていかない気持ちもしますが、
新緑の時期まであとわずかです。

余震

あまり書きたくないのですが、
昨夜遅い時間に、余震がありました。

地面がダダダダ…と響くようで、
家が大丈夫かな…、まだまだ地面が落ち着いてない…と、怖かったです。


実は、3月11日以来、
お気に入りのグルーミングセットが、どこかに紛れてしまって、
まゆの手入れができてなかったんです。

あんまり眉がぼさぼさで、目の上が全部まゆみたいで、
右と左もつながっちゃいそうで、ずっと気になっていました。

なので、昨晩は、どこかでもらったソーイングセットの中にあったもので、
使いにくいと思いつつ、眉のお手入れ(?)をしていました。

右側が終わって、左側の眉にとりかかったところ…

不穏な振動が始まり。。。。。!


2階の自室から飛び出し、階段を駆け下り…、
どこが一番安全かときょろきょろし…、
柱の込み入ったところにいつつ…、

揺れているうちに、電気が弱くなって消えていくのを見ていました。


前回で学習しているので、すばやく懐中電灯の定位置に行き、
一番部屋全体が見渡せるように、ライトをセットし。。。。

(照明器具のかさにあてて反射させると、光が拡散して倍は明るく感じるんです。)

その明りの中を、情報ゲットのため、懐中電灯付きのラジオを取りに付きまして。。


また、停電になってしまって、避難所の方たちは、心細いだろうし…、
自分でこれだけなんだから、子どもたちはもっとダメージ受けているだろうな…
などと、考えました。

にさん、安否確認の電話をしますが、つながりません。
仲間内のMLも配信されません。

遠方なら?と、メールを入れてみると、
メールはつながるようです。

工房を出る時、「また揺れるかもしれないな。。。」と、脳裏をよぎった事を思い出しつつ…

電気が止まっていないエリアもあるようだけど、
このまま明日も電気がとまったままなら、電気オーブンさえも使えないし、
携帯の充電もできない。。。
そうしたら、どうしよう。。。。

青森あたりも新幹線が止まったままってのは、どうなっているの?

各地の原発は大丈夫?


いろいろ考えてもしょうがないし、
暗闇になったので、左まゆはボサボサのまま、寝る事にしました。

とにかく、寝ちゃえば、朝が来る。
朝が来たら、明るくなる。。。。。早く明るくなるのを待つんだ。。。

そう思ったのでした。


再び、安全?と思われる?ダイニング・テーブル下に
布団をしいてのユカ寝生活の再開でございます。


暗闇の中、ペチカ堂さんより、安否確認のメールをいただきました。

メールをいただけたという事は、ご無事な事!
お電話が、つながらないままだったので、ご無事でうれしかったです。

ご心配までいただき、ありがとうございました。



夜中、なんどか目をさましつつ、
朝になって気が付いたら、電気は戻っていました。

うれしかったけれど、余震が来るかも…と思いながら、
電源を落としていなかった事を後悔しつつ、
さっそくテレビをつけてみました。

でも、朝のテレビでは、被害の状況は把握しかねる状況。


2階の自室は、再び、足の踏み場が無い状態でしたので、
ちょこっと片付け、でかけるしたくをしました。


工房にむかう途中の街中。。。

行きかう人たちは、誰もがげんなりとした表情で黙々と歩いている様子。

昨日までの、なんとか明るさを取り戻しつつある表情が、
一晩で、一変してしまった印象です。


そうですよね、
これまでなんとか振り絞りってきた元気や、かき集めてきた希望が、
また揺さぶられてしまい、砕け散った気持ですよね。。。

そろそろ疲れがたまってきて、
でも、なんとか息がつけそう…と思ったのに、また逆戻り?


私も同感ながら、
でも、ここで暗い方にいっちゃいかん!いかん!と、
自分に言い聞かせて歩き続けました。


工房の入っている建物、実は前回の揺れで、すでにヒビが目立ってきているんです。

でも、自宅の自室とちがい、物が少ないせいなのか、
今回も、部屋の中はセーフでした。


どこまで大丈夫なんだろう。。。。

ピシッという音がすると、ドキドキしますが、なんとか踏ん張ります。

「気合いだ!」

そう言ってみました。


空気が吸える、お水が出る、電気がきている事に感謝して、

これまでシュクレ・シュクランのお菓子を買っていただいたお客様、

お菓子を置いてくださったペチカ堂さんに感謝して、仕事を始めました。

虹色の雲

本日は、午後、久々にお買い物をしました。

震災後、
中心部の商店街が、チラホラと営業を始めたものの、
お店に並ぶものの品ぞろえは限られていました。

普段の「あらゆるものが並び」「欠品が無い」という事に、
多くの手がかかわっていたのだな…という事を実感しました。

その後…、
時間を限って営業するお店が増え…、
お店に並ぶ商品も、だんだん品数が増えてきていました。


とはいえ、自分が欲しかったものは、
書い足ししたかった大きなサイズのタッパーとか、
震災でだめにしてしまった、1月始まりのダイアリーだったり。。。

買いに行きたくとも、お店が開いていない、
お店が開いていたとしても、その営業時間には間に合わない。。。
という事で、
ずっと、買いに行くチャンスを待っていました。


市内のあちこちを、歩き回っていると、
各デパートの片隅の張り紙に「○○学校制服受け付けはこちらです。」
という張り紙をみかけました。


もう、4月。

普通なら、3月中に制服を注文し、
希望校への合格や進学のはれやかさをと希望を胸に、
真新しい制服に袖をとおしている方たちがたくさんいたはずです。

入学式、新学期に間に合うよう、
制服の縫製工場の方たちも、一生懸命に仕上げようとしている事と思います。

どうぞ、新入生さんたちが、新しい制服を着て、入学式を迎えられますように。
そして、親御さんたちが、お子様たちの新しい門出を見守れますように。



写真は、仙台駅前のペデストリアン・デッキから撮影しました。

仙台駅修復中

針が落ちてしまった仙台駅の壁時計も、おおわれています。
外壁の修復と一緒に、元通りになるのが待ち遠しいです。


駅の様子を撮影した後、振り返ったら、
青葉通りの向こうに見える雲から、太陽の光がきれいだったので、
こちらもカメラに収めました。

青葉通り

で、太陽の上にある、雲の下の部分を見たら、光があたり、虹色の雲になっていました。

以前にも、雲の切れ間からさす光が虹のようになっている雲を見た事があるのですが、
写メではよく写っておらず、がっかりしたのですが、
今日はカメラを持っていたため、ズームしてみました。

ファインダーでは、雲の下のあたりをずっと、青い龍がとんでいるように見えたのですが、
肉眼では、ピンク色からのグラデーションで、
本当にきれいな、虹色に見えました。

青葉通り


とりこんだ写真では、かろうじてうすーくブルーがかって見える感じですかね?
うまくとれなくて、ちょっと残念です。


買いたかったダイアリーは、雲に見とれていたため、
営業時間に間に合いませんでした。
また次回のチャンスですかね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:シュクラン♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
お菓子 (55)
自然 (4)
日記 (141)
トルコについて (9)
お知らせ (152)
トルコ (0)

Web page translation

ブロ友&リンク一覧(画像なし)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR